地域猫で捕まえられない猫が皮膚病で...というご質問の回答。

慣れてない地域猫へのご飯を上げているかたから、
皮膚病のことについてご連絡いただきましたので、
私でわかる範囲でかかせていただきました。
メールを教えていただければ(管理人のみに通知するコメントで)
またお話できると思うのですが...

●病院には見ていただいて薬も出していただいたが今のところ
改善されていない
(レボリューションなども使われた)
●捕獲器にまたはいるかどうかもわからないほど人になれていない
●かなり痒がっていてつらそうである
ご苦労様です。

猫のかゆみについてですが、たくさんの原因が考えられるので
とりあえず対処療法としてかゆみ止め、というのがあったのかと
思います。
レボリューションの場合、耳ダニやノミなどには効果があるものの、
別の原因の場合も考えられるのでそのときは(むろんノミなども予防できるため
治療としては必要だったと思います)
別の原因によるかゆみということも考えられると思われます。
●外部寄生虫によるもの、かびによるもの、細菌によるものなどの感染症。抵抗力のない若い猫にはよくみられます。(外部寄生虫としてはカイセン、耳ダニ、ノミなど。)これらは、皮膚の一部を掻きとって検査することでよく発見されます。ノミの場合は、背中にぶつぶつができること、ノミがいなくても黒い糞がみられることでよくわかります。毛穴の中に寄生するデモデックス(ニキビダニ)という寄生虫も、皮膚を強く掻きとって検査します。また毛に感染するカビは皮膚糸状菌(ひふしじょうきん)といって、毛を抜いて顕微鏡で検査したり、カビの培養を行います。

なついてない猫でも捕獲器に捕まえられることが出来たらこれは、検査できると思います。以上の検査をされてからレボリューション等の薬が出た場合は、...そうですね...近づくことができるならフロントラインのスプレーのタイプを使うということも考えられるかもしれません。ノミの場合、ノミ自身による病気というより、アレルギーでかゆみがでることが主体でしょう。したがって、ノミが1匹でもいればかゆみは出るものです。しかし、特徴的なぶつぶつがでるので、診断は比較的容易です。
私見ですが、のみにたかられている猫を何匹も見たなかでは、それほど狂ったように痒がるというより
あんなにノミがいるのに案外我慢できているなあという認識があったので、別の要因かなと...


●感染症以外ではアレルギーがあります。アトピーは知り合いの猫のなかでも時々おりまして、この場合はほかの内臓が弱ってない場合(腎臓や肝臓が丈夫でないと、アトピー用のご飯でそちらにいい影響がない場合も)アレルギー用のフード、また、家猫の場合ですとかきむしった時のダメージを減らすために養生の服を着せたり、爪をまめにカットするなどがあるのですが外猫の場合は洋服は難しいですし、爪もむりですよね。
保護服を着せていてもあっというまに破いたり、めくれていたところからがりがりかいたり咬んだりしてあっという間に血が出るほど舐めつぶす、かきつづけるのを見たりしましたので、アトピーはじめアレルギーはかなり痒いと思われます。

食物アレルギーも多くあるので、こちらかもしれません(お医者様にその可能性を尋ねてみてください)。頭からくび、あるいは全身に激しいかゆみがでて、ひどくかきむしるのが特徴です。この場合、最初に皮膚病があるのではなく、いきなり掻きはじめて、そのあと激しい皮膚の損傷になるのが特徴です。

食物アレルギーのばあいは、グレインフリーという、アレルゲンになる穀物を不使用のフードが何種類も出ていますので、そういうご飯に切り替えてみるのもいいかもしれません。これは、予防として特にアレルギーの症状がない猫でも食べている猫がいるので、療養食というよりは予防食としても存在しています。私の知っている中では、完全なグレインフリーではありませんがドイツのアニモンダ、アメリカのカリフォルニアナチュラル、ペティオからも最近グレインフリーというフードが出ています。あとはフィッシュ4キャット、ブルーウィルダネス、エボキャットなど。ネット環境にあって買い物などできるようでしたら、ネットでの購入が比較的楽です。(費用が安い場合がある、種類が豊富)

また蚊に刺されると、アレルギーで耳に同様のぶつぶつができてかゆくなることがあります。

アレルギー以外でも全身の病気から皮膚にかゆみがでることがあります。そういった場合、何にもないところをいきなり掻き出す場合も、何か皮膚に変化があってから掻き出す場合もあります。この場合全身の病気を鑑別するのに、血液検査、血液化学検査、レントゲン検査などの精密検査が必要になるかもしれません。また、皮膚の組織をとって顕微鏡で検査する生検を行う場合もあります。これらの病気には、腎臓病、肝臓病、糖尿病、栄養障害などに加え、腫瘍(しゅよう)、自己免疫疾患や精神的な病気まで広く含まれます。


皮膚病では診断にも治療にも根気が必要です。場合によっては、家中のノミの駆除を行ったり、猫用の特別食を家で調理したりすることが必要になるかもしれません。それから、家庭内で勝手に薬を与えることは絶対にやめてください。人間用の薬が猫には効かないばかりか有害なこともあります。また動物病院以外でペット用の薬を買うのもやめた方がよいでしょう。診断をつけてから治療する、これが今日の獣医医療の基本です。

別のサイトからの引用もあります。飼い猫に対するものなのでどうしてもわからぬ項目も出ると思いますがご参考まで。

▼皮膚病チェックリスト-病院で聞かれたら答えられますか




皮膚にこれまでどんな変化がありましたか?
はじめて見られたのはいつですか?
発生は急でしたか、徐々でしたか?
はじめて見られたのはどんな変化でしたか?
最初に変化が見られたのは、体のどの部分でしたか?
この動物は生まれてからずっとこの地域に住んでいますか?
飼っているのは屋内、屋外、両方のどれですか?
家の中の飼育環境は? 動物専用のベッドですか? どこで寝ていますか?
家の外の環境は? 芝生、草木、その他どんなものがありますか?
皮膚病はずっとつづいていますか、たまに直ったり再発したりしますか?
皮膚病の悪化と季節は関係あるようですか? もしそうならば説明してください
皮膚や被毛を過度になめたり、噛んだり、擦ったり、掻いたりしますか?
とくに体の一部分を無理になめたり、噛んだり、擦ったり、掻いたりしますか?もしそうならば説明してください
最初に気が付いたのはかゆみですか、それとも皮膚病があってから掻きだしたのですか?
耳の病気は今までありましたか? もしそうならば説明してください
他のペットを飼っていますか?
他の同居ペットに同様の病気が見られますか?
近所のペットに同様の病気が見られますか?
この動物の親兄弟などの家族に同様の病気が見られますか?
この動物に皮膚病が出てから、同居の人間に皮膚病が見られましたか?
この動物にはノミがいますか?
家で飼っている動物にはノミがいますか?
ノミを退治すると皮膚も良くなるようでしたか?
これまでに受けた治療を説明してください。・薬品名、量、期間。
治療を受けてよくなりましたか?
どの薬が一番効いたようでしたか?
現在薬を使っていますか? 最後に使ったのはいつですか?
家庭薬を何か使いましたか?
これまでに皮膚病とは関係ない病気をしましたか?
そのような病気で現在薬を使っていますか?
皮膚病の発生と一緒に、健康状態、行動で変わったことはありますか?
食事は何を食べていますか? メーカー、混合割合など。



一番手近でためして比較的安全なのは
フード対策かと思いました。触れない猫で病院に連れて行けるかどうかも
わからぬということですし...(胃腸にあわぬばあい
吐いたりすることやお腹を壊したりもしますので、切り替えの場合は
少量から行ってください。徐々に時間をかけて...)
他の既存病があるばあいは、記載しましたように、
かえってそちらの病気には良くないということもございます。


ほかにはかくこと、舐めることなどがストレス、精神的なものから
きているという場合もあったり、
痒がる、ということひとつにおいてもかなり色々な可能性があります。

地域ねこちゃんにご飯を上げること、本当に大変かと思いますが、
さらに触れない、近づけない猫なのに皮膚の心配をされて、ごくろうさまです...
改善されることをお祈りしています。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

4月4日の記事の白猫(白血病)を
受け入れてくださる方、まだない状態です。
もし記事を読んでうちでならと思われる方、
いらしたらご連絡ください。
http://nishitokyoneko.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

猫のフードやトイレなどを寄付したいという
ご連絡を入れてくださったかた、どうもありがとうございます。
運べる量でしたら、いつも通常はりさいくる市と同時に
猫の譲渡会が行われるのでその際にお持ちくださるか、
(ただ、荷物が多くてボランティアの車に乗り切らない場合も
あるので、事前連絡をいただけると幸いです。)
メールにてご一報くだされば詳細をお打ち合わせして、
宅急便または郵送などの先をお伝えしたいと思います。
その時々でフードが不足しているボランティアが違うこと、
またネット上で住所を公開できない(個人宅になってしまうので)
こと、お許しください。
福島や山梨など、別の地域でフードが不足している
ところもたくさんあるため、そちらの情報もおしりになりたいばあい
お手数ですがメールいただければと思います。
(山梨の場合、フード、毛布などがいつも不足状態のようです)

りさいくる市開催日程予定
開 催 日 開 催 場 所

平成25年7月7日(日曜日) エコプラザ西東京
平成25年8月4日(日曜日) 田無庁舎市民広場
平成25年9月1日(日曜日) エコプラザ西東京
平成25年10月6日(日曜日) 田無庁舎市民広場
平成25年11月3日(日曜日) エコプラザ西東京
平成25年12月1日(日曜日) 田無庁舎市民広場

雨天などの場合は中止の可能性もあります。
こういう日程が西東京のホームページに出ているので、
6月は梅雨だろうということでしょうか?とにかくないようです。

りさいくる市とともに、いつも猫の譲渡会(里親さん募集)イベントが
開催されるので、詳しくは市の環境保全課にお問い合わせください。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


プロフィール

西東京猫を救う会

Author:西東京猫を救う会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR