にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村



多頭飼育の猫ちゃんたち
より転載させていただきました。

むさしの地域猫さんから拡散のお願いが付いてのご連絡があったため、
転載させていただきます。

ちなみに、杉並区、武蔵野市のほかにも西東京市、多摩区、
新宿区、中野区、練馬区、小平市、また神奈川県などでも
同じようなケースがボランティアさんから何件も上がってきたことがあります。
違う地域にお住まいでも、起こりうることという認識が必要だと思います。

以下、全文転載です。

**************************************************************


拡散お願い致します。武蔵野市吉祥寺北町一丁目付近でも

ごっそり猫がいなくなりました。同一犯と思われます。



地元、東京杉並で
野良猫(地域猫)がいなくなる地域があり
地域が心配していたところ
関西地区にある動物実験の会社と
繋がりを持つ不審者により
動物実験の為に捕まえられてるという
事実が
先ほど動物ボランティアさんから通達されました。

不審者の特徴
・細型、60代前後、髪は肩くらい、男
・服装は黒系
・ホームレスのような見た目
・不自然な新品の電動自転車に乗っている
・常に何かを物色しているような行動をとっている
・後ろカゴにトランクまたはキャリーケースを積んでいる
・前かごは餌を入れたり、
表から見えないよう動物を隠している
・餌をあげすぐ捕まる子は捕まるが、
捕まらない子は数日かけ懐かせて捕まえる
・行動時間は夜間が多い
という情報を頂きました。
(そのボランティアさんも
まだ実際遭遇したわけではないようで
皆さんから聞いた話をまとめ教えて下さいました)

元々杉並は動物虐待が目立つ地域ではありましたが
今回は東京だけではなく、
全国規模で
罪もない動物が被害を受けています。
また電動自転車を使っているということで
行動範囲は広いと思われます。

御手数ですが、
地域は違えど似たようなことが
起きる可能性は高いように感じています。


**************************************************************


以上転載です。

ちなみに、完全な予防策というのは難しいのですが、
前にボランティアさんに相談を受けて調べたことを書きます。

***猫獲りに注意する方法、できるだけ連れ去りを防ぐ方法***

●飼い猫の場合、外に出さない。庭より遠くに行く猫の場合は特に注意。
人に飼われている猫の場合捕まりやすい場合があります。

●黒に塗るなどした(目立ちにくいように?)仕掛け箱を置くという
情報も前にありました。ボランティアさんが、猫のためのうちを
置いているケースもあるのですが、普段餌やりをしている地域で
見慣れないものがあった場合はチェックしてみてください。

●一説によるとですが、白っぽい部分が多い猫のほうが
夜間見分けがつきやすいという理由からか、連れて行かれたという情報が多く寄せられています。
また、もちろん人懐こい猫の場合、だれにでも寄っていく猫の場合もさらに要注意です。

●できたらですが、夜間~明け方のパトロールが効果的というお話もあります。

●あまり見かけない車、不審な動きをする車に注意。
同じ場所をぐるぐる回っている車、猫のいる地域を周回している車、
猫の餌やり場や猫のいる大きな公園などのそばにずっと停車したままの車。
同じような動きをする自転車という場合も多いようです。

●不審な動きをしている人物(ひとりから複数人までいるようです)、
車の下をのぞき込んだり、物陰を探し回ったりして猫を見つけようとしている様子の人物に注意。
ただ、これも善意の、そこのあたりの野良猫や地域猫、また
近所で迷子になった自分の猫などを探している場合もありますし、
全く別のよくない目的(空き巣とか)の場合、
あるいは単に道に迷ったりしているケースも
当然あると思われます。

最初から絶対に猫獲りである!という決めつけではなく、
何回も同じような動きをしている場合、より不審である、ということで
注意をしたほうがいいでしょう。ということです。

●餌やりボランティアさんが、十分なフードを与える。

自分(ひとり)で対処しようとすると猫も人も危険な場合もあります。
特に猫獲り相手ではなくても、殴られたなどの話は時々聞きます。
できたら、ひとりで行動しないようにして、携帯電話をもってパトロール、餌やりをする。
不審な動きの人物を見つけた場合、通報、明らかに猫獲りの現場に出会った場合、
服装、顔、状況を記録、またボランティアのネットワークを使って
人を集めるなど。大勢で対応できるほうが安全かと思われます。

大きな声を出す、また警報器を常備しておく。
なども伺ったことがあります。
最寄りの交番、警察署の担当の部署の直通ダイヤルをうかがっておき、
登録しておく。というのも有効かもしれません。
上記「猫獲り箱」に猫が入っていた場合は速やかに逃がす、ということも言われています。
(捕獲器の場合は、危険もありますので、普通は
夜じゅう仕掛けておくということはしません。
する人もおりますが. . .
一般的には、短期集中型で、ひとが近くについて、
捕獲して避妊去勢などの手術をしたり、ケガのための保護をしたり、
里親探しをするためにおうちでしつけをしたりしています。
ほおりっぱなしでずっと置いている怪しい箱、. . . 猫用のうちではなく、
入ったら出られないような仕掛けの箱のようなもの、は猫獲り箱かもしれません。
個人のボランティアさん、という可能性もゼロではないです。

ふだんから、できたらその近辺のボランティアさんと、意思の疎通をとっておいたほうが
こういうときにいいと思います。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

西東京猫を救う会

Author:西東京猫を救う会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR