スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の譲渡会について、猫の避妊去勢の助成金について




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村



猫の譲渡会について


西東京 飼い主のいない猫を救う会では、年9甲斐行われる「りさいくる市」
(4-12月の第1日曜日、偶数月はエコプラザ、奇数月は田無庁舎にて開催)にて、
猫の譲渡会を開き、新しい飼い主を探しています。

これから里親として猫を買いたいと思っている方は、
是非いちどいらしてみてください。

エコプラザ西東京 泉町2-12-35 休館日 第3月曜日、年末年始など
042-421-8585 09:00-17:00

DSCF4295 300


西東京ウエブより 猫の避妊去勢の助成金について

https://www.city.nishitokyo.lg.jp/kurasi/kankyo/animals/cats/huninsyuzyutu.html

飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費助成制度のご案内

ページ番号 526-572-891

最終更新日 2016年1月26日

 

 飼い主のいない猫の、ふん尿や鳴き声が地域での問題になっていますが、これらの猫は、もともとは人間に捨てられた飼い猫が繁殖して増えたものです。
 西東京市では、こうした”不幸”な猫の数を減らし、問題や被害を防止するため、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用の一部を助成する制度を実施しております。
概要
助成の対象者(申請者)

 西東京市内に在住、在勤、在 学している個人または事務所等であり、市内に生息する飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を受けさせる方など。ただし、市が指定する動物病院で不妊・去勢手 術を受けさせ、不妊・去勢済みの猫であることが外見から判断できる措置(耳カット)への同意が必要になります。
助成限度額

不妊手術(メス)1頭につき10,000円まで
去勢手術(オス)1頭につき5,000円まで

※不妊・去勢手術費用と助成限度額のいずれか少ない額を助成します。助成限度額を超えた費用については、申請者の負担となります。なお、動物病院搬入時でのお支払いをお願いしております。
※助成の適用範囲は、不妊・去勢手術のみであり、申請者が要求または獣医師が必要と判断したその他の処置(血液検査やノミ駆除など)の費用については、申請者の負担となります。
申請方法

4月1日より、先着順にて受け付けますが、予算に限りがあるため、必ず申請前に電話またはファックスにてご予約ください。

申請時に提出していただく書類

申請書(第1号様式)
猫の写真
手術を受けさせようとする猫の餌場の清掃、ふん尿の処理を行うなど、地域住民の理解を得られるよう努める旨の誓約書(第2号様式)

※1回の申し込みで3頭まで申請することができますが、1頭ごとに申請書(第1号様式)を提出してください。

ファイルダウンロードは上記リンクから見てください  申請書(第1号様式)(DOCファイル:45KB)

ファイルダウンロードは上記リンクから見てください  誓約書(第2号様式)(DOCファイル:39KB)
審査

 申請書を受け付けたのちに、東京都動物愛護推進員の協力を得て現地確認を実施し、飼い主が不明な猫であることを確認するなど、助成対象となるか否かを審査します。
助成決定

 審査の結果、助成対象者として決定した場合は、助成交付決定通知書を交付します。
手術の実施

(1)助成決定通知書到着後、市が指定する動物病院に手術の予約を行い、「西東京市 猫の不妊・去勢手術費用助成決定通知書(第3号様式)」を提示して手術を実施してください。
(2)手術を受けさせようとする猫を捕獲する時は、あらかじめ指定動物病院と連絡をとり、指定された日時に猫を搬入してください。
(3)猫を捕獲する時は、市が用意する捕獲器を使用してください。
(4)手術並びに手術に関わる処置については、指定動物病院の獣医師の指示に従ってください。
(5)手術に際し、一切の不平・不服を申し立てないことに同意していただきます。
地域猫対策協力員への登録

 助成金の交付を受けた方には、西東京市の地域猫対策協力員(仮称)として登録していただき、地域猫対策事業(地域猫の相談支援、猫の譲渡会)へのご協力をお願いします。なお、協力員への登録は任意です。
西東京市指定動物病院一覧

※手術費用は病院により異なります。直接病院にお問い合わせください。
動物病院名 所在地 電話番号
赤ひげ動物病院 下保谷三丁目7番1号 042-424-4649
あづま動物病院 泉町三丁目3番3号 042-438-2361
エルザ動物小鳥の病院 南町六丁目7番1号 042-464-8299
ケン動物病院 保谷町三丁目9番5号 042-463-0606
酒井獣医科病院 東町五丁目8番20号 042-423-1455
桜井動物病院 保谷町一丁目11番20号 042-461-6858
中川動物病院 新町五丁目16番29号 0422-53-5866
野村動物病院 南町四丁目11番10号 042-460-7667
ひとみ動物病院 田無町五丁目4番11号
グランドゥール田無1F 042-452-7460
ひばりヶ丘動物病院 谷戸町三丁目22番12号 042-422-4111
松川動物病院 芝久保町三丁目19番54号 042-463-4537
本橋動物病院 栄町二丁目9番27号 042-421-5449
もりと動物病院 北原町二丁目8番12号 042-461-1610
お問い合わせ

このページは、環境保全課が担当しています。
エコプラザ西東京 〒202-0011 西東京市泉町三丁目12番35号
電話:042-438-4042 ファクス:042-421-5410
お問い合わせフォームを利用する

DSCF4296 300   DSCF4318 300



生後 推定2,3歳 オス(仮)ポッポの里親さん募集しています。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村




ブログにコメントをいただいても
連絡が取れます(毎日確認できないときは時間が開く場合もあるかと思います、
その場合はご容赦ください)。


去年末にも猫の里親募集記事を書きましたが、
交通事故にあい、愛護センター送りになっていた猫です。



仮の名前はポッポ。

獣医師や看護師にかなり安心した顔を見せており、
最初は緊張するものの、たぶん慣れてきたら非常に
飼いやすい猫ですよ、との(獣医師の)言葉がありました。

ハンディキャップの部分をお伝えしますと、

現在、後ろ両足が折れたところをプレート整復手術にて継いでいます。
見た目は非常にきれいになっていました。
ただ、骨が一部行方不明になっており、
チタンプレートにしていただいて、一生プレートを入れたままの
生活になるであろうこと、年末に2回目の手術を行い、
2度の手術を乗り越えて、だいぶん最初から比べるといい状態であるということです。

骨がない部分をプレートで補っていることもあり、
今後の骨折についても気をつけてあげてください、ということです。

一度、病院でお見合いをしてくだされば、手術を担当した獣医師からも
いろいろと話がきけるので、よろしくお願いいたします。


●左足は2センチ骨が不足しており、内側、正面に1枚ずつプレートを
いれている状態
●右足はプレート1枚
(どちらも後ろ足です)



タワーなどでは遊ばせず、できたらフロアで過ごさせてあげてほしいとのことです。
現時点ではケージ生活です。

あと、血液検査をしたところ、エイズキャリアでした。
(発症はしていません)

声は、高くて澄んだかわいい声です。
あと、攻撃性もない(病院医師、看護師、ボランティア談)


エイズキャリアであること、また足のハンデがあることから、
できたら1匹での飼育が望ましいのでは、と思います。
もしくは、この猫のために、専用の場所を確保できるかたなど. . .
エイズキャリアの猫がいるなどで、
病気に理解があるかたもよいと思われます。


大事故にあって、その後すぐに治療ができない状態だったのに、
とても性質がいい猫で、人間不信にはなっていないようです。


いまずっと有料で病院にあずかっていただいている状態です。
(手術は済んでおり、病院でのケアはもう必要はない状態)


入院施設のところとは別の、床のスペースを使わせていただき、
ケージを置いている状態でした。

東京近辺(お見合い、お届けがあるので、
それが可能な地域)での募集とさせていただきますが、
遠方での場合ご相談ください。

条件については、一般的なものに準じています。
(ペット飼育可能な住宅であるとか、
終生大切に一緒に暮らしてくださる方であるとか. . . )

また、エイズキャリアでも発症はしていません。
一生を全うできる猫も多くいます。
猫エイズに関しての知識があるかたか、あるいはこれから
勉強をしてくださる方、よろしくお願いいたします。

700-500.jpg

第15回西東京市民まつり、2015年 11/15(日)猫の譲渡会

第15回西東京市民まつり

DSCF4295 300



11月15日(日曜日)午前9時から午後3時30分まで

西東京いこいの森公園(緑町三丁目2番)

猫の譲渡会テントナンバー イベントエリア 12.13番

(猫の譲渡会は09:30-14:30 になる可能性がありますので、
お早目の来場をお待ちしております。
譲渡に出席するボランティアからの連絡によると、14:30まで、ということでした。)


DSCF4318 300


問い合わせ

西東京市民まつり実行委員会(西東京市文化振興課内)
電話:042-438-4040
※当日の問い合わせは西東京市民まつり実行委員会本部(電話:042-466-0020)へ。

西東京市のホームページ記事はこちら


DSCF4296 300

転載記事/大事故にあった2,3歳の雄猫、ポッポのうちを探しています。東京近辺(西東京歓迎)。/ボンネットコンコンキャンペーン。車のなかに猫が潜り込んでいるか、どうかチェックを!




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


別のブログからの転載記事です。

この件につきましては、こちらのブログにコメントをいただいても
連絡が取れます(毎日確認できないときは時間が開く場合もあるかと思います、
その場合はご容赦ください)。


以下、転載文です。



交通事故にあい、愛護センター送りになっていた猫です。
もう、あと1日ほどで殺処分、というところで助けられました。

DSCF4318 300



仮の名前はポッポ。







ただ、交通事故にあってから、骨が飛び出した状態のまま
センターにいたので、手術が大変難しい状態ということで、
整形外科疾患に精通した獣医師も招いての大手術となったようです。

実際会ってみると大変愛らしい猫で、
人が話しかけるとじっと顔を見る、
また初めての人への警戒の顔とは別に、
手術のあともまだ入院している病院では、
獣医師や看護師にかなり安心した顔を見せており、
最初は緊張するものの、たぶん慣れてきたら非常に
飼いやすい猫ですよ、との(獣医師の)言葉がありました。

ハンディキャップの部分をまずお伝えしますと、

現在、後ろ両足が折れたところをプレート整復手術にて継いでいます。
見た目は非常にきれいになっていました。
ただ、骨が一部行方不明になっており、
チタンプレートにしていただいて、一生プレートを入れたままの
生活になるであろうこと、今の時点では
いざるように移動する(前足であるいて後ろ足にはまだ
あまり力を入れない状態)かんじです。

骨がない部分をプレートで補っていることもあり、
小型犬によくある「抱っこしたところから飛び降りただけで骨折」とか、
「ソファーから飛んだら骨折した」という骨折しやすいタイプの
生き物として扱ったほうがいいかもしれない、とのことでした。

●左足は2センチ骨が不足しており、内側、正面に1枚ずつプレートを
いれている状態
●右足はプレート1枚
(どちらも後ろ足です)

DSCF4296 300

獣医さんに抱っこされているところ。








タワーなどでは遊ばせず、できたらフロアで過ごさせてあげてほしいとのことです。
現時点ではケージ生活です。
トイレのことを聞き忘れましたが、ペットシーツを敷いていたので、
(トイレはケージ内になかったので)排泄は敷き詰めたシーツにしているのでは、
と思います。また確認します。

いまよりは歩けるようになるかもしれませんが、
いざる生活ではないとはいいきれないのかも。

あと、血液検査をしたところ、エイズキャリアでした。
(発症はしていません)

声は、高くて澄んだかわいい声です。
あと、攻撃性もないとのことでした。

エイズキャリアであること、また足のハンデがあることから、
できたら1匹での飼育が望ましいのでは、と思います。
もしくは、この猫のために、専用の場所を確保できるかたなど. . .

こちらでの追記/エイズキャリアの猫がいるなどで、
病気に理解があるかたもよいと思われます。


子猫でもなく、キャリアでもあり、また足のこともあり、
いろいろと里親募集は難しいと思います。
病院の支払いをおひとりでされているかたによると、
一時預かりさんではなく、里親希望の方を見つけてほしい、
ということでした。

(もし、一時預かりでも、ということがありましたらお声をかけてください。)

DSCF4295 300

結構落ち着いていて、味わい深い感じの猫です。
若いけど風格があるといいますか. . . 。
(でも声はキュート!)






ただ、いまずっと有料で病院にあずかっていただいている状態ですので、
(手術は済んでおり、病院でのケアはもう必要はない状態)
切羽詰まっているのも事実です。

入院施設のところとは別の、床のスペースを使わせていただき、
ケージを置いている状態でした。

東京近辺(お見合い、お届けがあるので、
それが可能な地域)での募集とさせていただきますが、
遠方での場合ご相談ください。

条件については、一般的なものに準じています。
(ペット飼育可能な住宅であるとか、
終生大切に一緒に暮らしてくださる方であるとか. . . )


まだ私も把握できてない部分もありますが、
とりあえず第一弾として、情報をアップしました。



追記。ネットでの署名を募るサイトにて、
「平成27年9月鬼怒川水害により被災された常総市民のための避難所・公営住宅に、ペット同居可能な建物をご準備ください。」

ご賛同いただける方で、まだ署名されてない方、
どうかご署名お願いいたします。
水害ではなくて、避難所から出されたことによって
なくなってしまった犬などが出てきてしまっています。

アレルギーなどの問題もあるでしょうが、
すべての建物にペットを入れろというわけではなく、
「ペット同居可能な建物」をお願いします、ということです。


---------------中略-------------------

車のボンネットの中に入っていた2匹の子猫事件っていうのもありまして、

(三毛猫姉妹。それぞれ1本足切断。1匹は10日あまり捕まらず、
そのため1匹は退院したもののあと1匹はまだ入院、
そして. . . いろいろまだあったのですが、これは
ちょっと事件が落ち着いてからのご報告となります。

ひょっとしたら、里親さんが見つかるかも?という話だったのですが、
脱走とかいろいろありまして. . . もう. . . 大変. . .

いや、猫が一番大変なんですけどね。)

車を運転される方の場合、できたら
ボンネットを開けて確認できたらいいんですが. . .
運転しないので、そのへん普通しないんだろうな、くらいしか
思い浮かびません。

せめて、ボンネットコンコンキャンペーン
(ボンネットを、運転する前にコンコンすることで、
猫が入っていた場合に注意を促す運動)をお願いいたします。

めったに乗らない車で、たまにはエンジンをかけようと
エンジンをかけたところ、子猫が2匹巻き込まれたそうですよ. . . 今回。
なので、使った車のエンジンがあたたかいから、ってだけではなさそうですね。
狭いところに潜り込んで安心、という本能的な行動なのかも。


--------------------以上、転載------------------

どうか、ポッポちゃんをうちに、と思われた方がいらっしゃいましたら、
ぜひ一度お見合いをしてみてください。
西東京付近の方でしたら、お見合いしやすい場所です。
もし決まりましたらおうちまでお届けにあがります。






2015年10月のチャリティーバザーのお知らせ



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村



動物たちの幸せを願う会
ねこだすけ保谷
捨猫防止会

チャリティーバザー
2015年10月31日(土)
雨天のばあい 11月1日(日)

あらやしき駐車場公園にて開催されます。


(西武池袋線保谷駅北口ロータリーを、まっすぐ北へ200メートル程の左側 徒歩3分ほどとなっています)


ご協力のお願い

野良猫をこれ以上増やさないために、また被災地での支援活動を
行っているグループへの寄付などのため、多くの資金が必要となります。

手元に食料品以外の不用品がございましたら、
ご連絡をください。(置き場所等の問題で、
今回引き取りができないことがあります。
また遠方の場合取りに伺えないこともあります。)
衣類の場合は新しいものに限らせていただいています。
紳士用の衣類はホームレス支援の団体にお送りすることになります。



furimuki lsuwari lursirosuwari l





プロフィール

西東京猫を救う会

Author:西東京猫を救う会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。